「プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする」の記事一覧

【処分事例】GDPR: 複数のDPAとEDPBが共同で調査

lock
ガバナンス体制を整える 有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 個人からの要求や苦情に対応する 新規業務を開始する際、プライバシーへの取組みを反映させる 外部情報を日常的にモニターする

2022年6月27日:欧州でのDPA間の協力が今後推進されることが見込まれる。リトアニアのオンライン衣料品小売業者に対する苦情を受け、フランスを含む4つの監督機関が共同でGDPR違反を調査し始めた。この小売業者は、透明性 […]

【処分事例】ルクセンブルグ: CCTVと位置データデバイスの不適切な使用についての指摘

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 情報セキュリティ・リスクを日常的に管理する プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 外部情報を日常的にモニターする

2022年6月10日:地理的位置情報を利用している際に、十分な通知を行っていなかった企業に対して、ルクセンブルグの監督機関が制裁金を課した。ビデオ監視を行う際には公道を撮影しないことやデータの保管を最大2か月以内にするこ […]

【報告】韓国:同意は透明性が重要

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 外部情報を日常的にモニターする

2022年3月22日:韓国のプライバシーポリシーについてのベストプラクティスが公表された。同意を取得する際のプライバシーポリシーは、透明性を担保するために理解しやすく、かつPIPCが既に公表しているアイコンを利用して提示 […]

ページの先頭へ