「プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする」の記事一覧

【処分事例】透明性:スペインの監督機関 AEPD が通知不備に対して3000ユーロの制裁金

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 外部情報を日常的にモニターする

2020年8月28日の報告です。cookie の設置に関して適切な措置を取っていなかったことに対して制裁金が出されました。Privacy Notice違反に対しては警告で済んでいますが、取り締まりの強化がうかがわれます。

【処分事例】GDPR:イタリアのテレコム会社が €16,729,600の制裁金

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 個人からの要求や苦情に対応する 日常業務でのデータの取扱いとルール遵守を監視する 外部情報を日常的にモニターする

2020年8月12日の報告です。テレコム会社の違反事例は多くありますが、この件は同意の取得や組織内の管理について改めてGDPRに忠実に行わなければならないことを教えてくれます。特に、権利行使の要求については、日本の個人情 […]

【報告】COVID-19: ハンガリーのDPAによるオンライン教育ツールについてのガイダンス

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する 情報セキュリティ・リスクを日常的に管理する プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 外部情報を日常的にモニターする

2020年5月22日の報告です。日本は学校の再開が認められましたが、COVID-19を通じてオンライン授業の導入が広まりました。オンライン授業におけるデータ保護の注意点を検討してください。特に学校にはポリシーがあるでしょ […]

ページの先頭へ