「プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする」の記事一覧

【報告】欧州:EU理事会がAI法案への立場を決定

lock
ガバナンス体制を整える 有用情報 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 個人からの要求や苦情に対応する 外部情報を日常的にモニターする

2023年1月13日:AI法についてEU理事会が検討結果を公表した。その趣旨はイノベーションを促進しつつ、EU市場において基本的人権を尊重し安全かつ適法なAIの開発と導入を促進することにある。AIシステムの定義をより限定 […]

【報告】欧州:EDPS がデジタル要素を含む製品の要件について勧告

lock
有用情報 内部のデータ・プライバシー・ポリシーを保守 プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 外部情報を日常的にモニターする

2022年11月24日:EDPSはセキュリティとデータ最小化の原則をEU全体のサイバーセキュリティ要件の必須部分とする規制案を歓迎した。それと共に広範なハードウェアおよびソフトウェア製品について、data protect […]

【処分事例】ペルー:事業者の透明性欠如と登録義務違反に対して罰金

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 外部情報を日常的にモニターする

2022年11月7日:ペルーでは個人データのデータベースを登録する義務がある。個人データ取得時の通知が不十分であったこと、及びデータベースの登録を行っていなかったこと、越境移転時に個人の承認を得ていなかったことを理由に、 […]

【報告】中国:PIPL違反でモバイルアプリに執行措置

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 外部情報を日常的にモニターする

2022年11月7日:中国ではアプリのデータ取得が厳しく取り締まられている。11月3日に公表された処分の発表では、55のアプリを削除され、80のアプリに是正措置命令が出されたことが示されている。中国でアプリを展開する場合 […]

【処分事例】フランス: カーレンタル会社に175000ユーロの罰金

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 日常業務でのデータの取扱いとルール遵守を監視する 外部情報を日常的にモニターする

2022年8月30日:2020年にCNILが実施した地理的位置情報(ジオロケーション情報)の利用実態に関する調査で発見されたカーレンタル会社のデータ処理について、GDPR違反として175000ユーロの罰金が科された。目的 […]

【処分事例】韓国:GoogleとMetaに合計1000億ウォンの罰金

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 日常業務でのデータの取扱いとルール遵守を監視する 外部情報を日常的にモニターする

2022年10月3日:GoogleとMetaは自身のプラットフォームに登録したユーザーに対して一意の識別子を提供し、サードパーティー上で行ったユーザーアクションも追跡することで広告の最適化に活用していた。ユーザーがこのよ […]

【報告】タイ:プライバシーノーティスのベストプラクティス

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 外部情報を日常的にモニターする

2022年9月15日:タイのPDPCがプライバシーノーティスについてのガイダンスを公表した。基本的にはGDPRと同等の要件が記載されている。 有料会員になって頂くと、以下のコンテンツをご覧いただけます。 【Backgro […]

【報告】米国:FTCが商業的監視に関する規則制定について意見を募集

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 内部のデータ・プライバシー・ポリシーを保守 情報セキュリティ・リスクを日常的に管理する プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 外部情報を日常的にモニターする

2022年8月12日:米国FTCが重い腰を上げて商業的監視についての規則制定に乗り出した。FTCは2022年9月8日に商業的監視がもたらす危害について公開討論会を開催し、商業的監視(市民の情報を取得、分析、利益を得ること […]

【処分事例】GDPR: 複数のDPAとEDPBが共同で調査

lock
ガバナンス体制を整える 有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 個人からの要求や苦情に対応する 新規業務を開始する際、プライバシーへの取組みを反映させる 外部情報を日常的にモニターする

2022年6月27日:欧州でのDPA間の協力が今後推進されることが見込まれる。リトアニアのオンライン衣料品小売業者に対する苦情を受け、フランスを含む4つの監督機関が共同でGDPR違反を調査し始めた。この小売業者は、透明性 […]

ページの先頭へ