「データ侵害マネジメント・プログラムを定常的に更新する」の記事一覧

【処分事例】シンガポール:越境移転規制違反について是正命令

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 データ侵害マネジメント・プログラムを定常的に更新する 外部情報を日常的にモニターする

2022年12月1日:ある小売店が利用していたサードパーティサービスの契約社員2名が、システムに保存していた23,928名の顧客の個人データ(氏名、電子メールアドレス、請求先住所等)に不正にアクセスし流出させた。小売店は […]

【処分事例】韓国:PIPCが4社にあわせて3240万ウォンの罰金

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 情報セキュリティ・リスクを日常的に管理する データ侵害マネジメント・プログラムを定常的に更新する 外部情報を日常的にモニターする

2022年11月10日:引き続き韓国では取り締まりが活発に行われている。特に個人情報施行令第30条で定められている個人情報の安全確保措置についての指摘が多い。 有料会員になって頂くと、以下のコンテンツをご覧いただけます。 […]

【処分事例】米国: FTCがEd tech企業に対して20年間の報告命令

lock
有用情報 情報セキュリティ・リスクを日常的に管理する データ侵害マネジメント・プログラムを定常的に更新する 外部情報を日常的にモニターする

2022年11月9日:情報セキュリティ対策を怠り、約4,000万人分の顧客情報を漏洩したほかフィッシング攻撃の被害にあったEd tech企業に対し、FTCがFTC法第5条に基づき、情報セキュリティ監査を要求する命令を出し […]

【処分事例】韓国: 3つの会社に合計6億220万ウォンの罰金

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 情報セキュリティ・リスクを日常的に管理する データ侵害マネジメント・プログラムを定常的に更新する 日常業務でのデータの取扱いとルール遵守を監視する 外部情報を日常的にモニターする

2022年10月27日:韓国の個人情報保護委員会はシンガポールのPDPCのように積極的に罰金を課している。今回処分を受けた3社は、アクセス管理の不備と個人情報の保管期間の運用についての不備が理由となっている。特に後者の保 […]

【報告】インドネシア:新たなデータ保護法案を提出

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する 個人からの要求や苦情に対応する 新規業務を開始する際、プライバシーへの取組みを反映させる データ侵害マネジメント・プログラムを定常的に更新する 外部情報を日常的にモニターする

2022年9月26日:インドネシアのデータ保護法がようやく前進した。データ保護法案が下院に提出され、審議が進む予定である。全般的にGDPRとよく似た法律となっており、処理記録の作成が要求されているほか、個人に対しては修正 […]

【報告】カナダ:データ侵害による個人へのリスクと個人への通知の必要性

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 データ侵害マネジメント・プログラムを定常的に更新する 外部情報を日常的にモニターする

2022年8月5日:カナダで発生したデータ侵害に対し、悪用の事実がないからとリスクが低いとは言えないと個人情報保護委員会が見解を示している。データ侵害で流出した個人データは長期的に負の影響を個人にもたらす可能性があるため […]

ページの先頭へ