「データ侵害マネジメント・プログラムを定常的に更新する」の記事一覧

【報告】シンガポール:PDPCがデータ保護の重要な概念を更新

lock
有用情報 個人からの要求や苦情に対応する データ侵害マネジメント・プログラムを定常的に更新する 外部情報を日常的にモニターする

2019年8月6日の報告です。シンガポールの監督機関であるPDPCがガイドラインを更新しました。アカウンタビリティにより重きをおいたものとなっています。またDPOの設置、DPIAの実施も推奨されています。

【報告】データ侵害のコスト

lock
有用情報 個人からの要求や苦情に対応する データ侵害マネジメント・プログラムを定常的に更新する 外部情報を日常的にモニターする

2019年8月1日の報告です。Ponemon InstituteとIBMが共同で昨年のデータ侵害事例について調査しました。その結果、データ侵害の平均コストの上昇が確認されています。以下、抜粋です: セキュリティを完全に自 […]

【報告】エジプト:個人情報保護法案

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 サード・パーティー・リスクを日常的に管理する プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 個人からの要求や苦情に対応する データ侵害マネジメント・プログラムを定常的に更新する 外部情報を日常的にモニターする

2019年6月27日の報告です。先日はエジプトのサイバーセキュリティ法の情報を更新しましたが、今回は個人情報保護法案です。データ移転がややトリッキーですね。エジプトは革命前に私も訪れたことがありますが、中では日本が思って […]

【報告】ポーランド:データ侵害時の責任について

lock
有用情報 データ侵害マネジメント・プログラムを定常的に更新する 外部情報を日常的にモニターする

2019年6月13日の報告です。ポーランドのDPAがデータ侵害についてのガイダンスを出しました。ポイントが端的にまとまっています。ポーランドといえば2019年4月にマーケティング会社に対して22万ユーロの制裁金を課したこ […]

【報告】韓国:GDPR v.s. 韓国個人情報保護法

lock
ガバナンス体制を整える 有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 内部のデータ・プライバシー・ポリシーを保守 従業員トレーニングとプライバシーについての認知活動を実施 個人からの要求や苦情に対応する データ侵害マネジメント・プログラムを定常的に更新する 外部情報を日常的にモニターする

韓国のインターネット振興院(KISA)がGDPRと韓国個人情報保護法との比較を行っています。韓国個人情報保護法には海外企業に対する取締りが明確には規定されていないほか、国外企業に対して代理人の任命も求めていません。しかし […]

【報告】マレーシア:個人情報保護法を更新へ

lock
ガバナンス体制を整える 有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 データ侵害マネジメント・プログラムを定常的に更新する 外部情報を日常的にモニターする

体調不良で一週間ほど更新がとまっていました。申し訳ありません。まだ万全ではありませんが、少しずつ情報を更新していきます。 マレーシアの監督機関が2010年に制定された個人データ保護法を更新すると発表しました。GDPRをは […]

ページの先頭へ