「個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守」の記事一覧

【報告】十分性認定:EDPBがEU-UKの決定に懸念を表明

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 外部情報を日常的にモニターする

2021年4月19日の報告です。EDPBが英国の十分性認定に対してのオピニオンを出しました。英国は十分性認定に向けて捜査権限委員や司法委員を設置する等譲歩をすることで欧州委員会による十分性認定の提案を引き出しました。しか […]

【報告】法律:EDPBがePrivacy規則の草案について保護レベル低下を懸念

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 外部情報を日常的にモニターする

2021年3月17日の報告です。EDPBが欧州評議会のePrivacy規則への見解を表明しました。電子通信サービス提供業者のデータへのアクセス、cookie等で取得されたメタデータの処理への懸念、保管基準の修正といった点 […]

【報告】Schrems II:欧州議会が欧州委員会に対して法的な明確化を要求

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 外部情報を日常的にモニターする

2021年3月23日の報告です。2020年7月に下されたSchrems IIの決定は非常に大きな影響を与えています。ほぼ半年間、専門家の間の議論はデータの越境移転に関するものに終始していました。欧州議会は欧州委員会に対し […]

【報告】法律:スリランカの最終法案

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 情報セキュリティ・リスクを日常的に管理する サード・パーティー・リスクを日常的に管理する プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 個人からの要求や苦情に対応する データ侵害マネジメント・プログラムを定常的に更新する 外部情報を日常的にモニターする

2021年3月15日の報告です。スリランカでデータ保護法案の最終化が行われています。内容としてはGDPRのコピーといってもよいものです。データ主体の権利行使への対応期日が21日以内という点が特徴的ですが、そのほかについて […]

【報告】法律:中国がアプリごとに取得可能な個人情報を規定

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 内部のデータ・プライバシー・ポリシーを保守 新規業務を開始する際、プライバシーへの取組みを反映させる 外部情報を日常的にモニターする

2021年4月6日の報告です。中国ではモバイル・アプリの種類ごとに取得してよい個人情報が定められています。2021年5月1日から発効したこのルールでは、過剰な個人情報取得を防止するために詳細な規定がされました。個人情報処 […]

【処分事例】RTBF:スペインの監督機関AEPDが削除権に応答しなかった企業に10万ユーロの罰金

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 個人からの要求や苦情に対応する データ侵害マネジメント・プログラムを定常的に更新する 日常業務でのデータの取扱いとルール遵守を監視する 外部情報を日常的にモニターする

2021年3月23日の報告です。引っ越しをした個人から住所変更の連絡があったにもかかわらず更新し損ねた会社が10万ユーロという罰金を科されるに至りました。昔の住所に3度請求書を送付し、支払がなかった旨を信用調査会社に報告 […]

【報告】アジアにおける越境移転の法的根拠の比較

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 外部情報を日常的にモニターする

2020年7月16日の報告です。アジアの法律は情報が少ないため対応に苦慮されている企業が多いようです。ABLIというアジアのビジネス法を調査する機関がアジアの個人データ移転の適法化根拠について横断的に調査しました。オース […]

ページの先頭へ