「日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する」の記事一覧

【報告】米国:NISTがリスク管理フレームワークを公表

lock
ガバナンス体制を整える 有用情報 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する 新規業務を開始する際、プライバシーへの取組みを反映させる 外部情報を日常的にモニターする

2023年1月30日:米国NISTが民間および公共部門との協力の下、人工知能(AI)に関連する個人、組織、および社会に対するリスクをより適切に管理するためのフレームワークを開発した。これは自主的に使用し、AIにおけるガバ […]

【報告】欧州:EU理事会がAI法案への立場を決定

lock
ガバナンス体制を整える 有用情報 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 個人からの要求や苦情に対応する 外部情報を日常的にモニターする

2023年1月13日:AI法についてEU理事会が検討結果を公表した。その趣旨はイノベーションを促進しつつ、EU市場において基本的人権を尊重し安全かつ適法なAIの開発と導入を促進することにある。AIシステムの定義をより限定 […]

【報告】欧州:欧州委員会が米国への十分性認定を提案

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 内部のデータ・プライバシー・ポリシーを保守 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する 外部情報を日常的にモニターする

2022年12月14日:欧州と米国との間のデータフローを担保するために新たに構築されたEU-USデータプライバシーフレームワークの十分性認定プロセスが開始された。米国企業は個人データが目的に対して不要となった場合に削除す […]

【報告】中国:PIPL違反でモバイルアプリに執行措置

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 外部情報を日常的にモニターする

2022年11月7日:中国ではアプリのデータ取得が厳しく取り締まられている。11月3日に公表された処分の発表では、55のアプリを削除され、80のアプリに是正措置命令が出されたことが示されている。中国でアプリを展開する場合 […]

【報告】カナダ:GPAで行われた顔認識技術についての決議を報告

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する 外部情報を日常的にモニターする

2022年11月4日:カナダの個人情報保護委員会であるOPCが先日行われたGPAの報告を行っている。顔認識技術についての決議、国境を越えたデータの移転についての協力、データ侵害通知ツールの表彰について報告されている。 有 […]

【報告】カナダ:AIを用いた合成データについて

lock
有用情報 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する 情報セキュリティ・リスクを日常的に管理する 新規業務を開始する際、プライバシーへの取組みを反映させる 日常業務でのデータの取扱いとルール遵守を監視する 外部情報を日常的にモニターする

2022年11月1日:AI技術の導入とセットで考慮すべきなのが、PETsである。日本ではまだ新聞や雑誌で名前を聞く機会は少ないが、国外ではPETsの導入に向けた取り組みが着々と進んでいる。カナダのOPCは、合成データを用 […]

【報告】英国:年齢確認技術についてICOがレポートを公表

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する 日常業務でのデータの取扱いとルール遵守を監視する 外部情報を日常的にモニターする

2022年10月31日:英国ICOが委託したこの調査報告書では、有効性、平等性、比較可能性、再現性を測定するアプローチを模索し、年齢推定や年齢検証を含む年齢確認の正確さを評価する手段を技術面から研究している。また、UK […]

【処分事例】ドイツ:自動車会社に 110万ユーロの罰金

lock
有用情報 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する サード・パーティー・リスクを日常的に管理する 日常業務でのデータの取扱いとルール遵守を監視する 外部情報を日常的にモニターする

2022年8月18日:自動運転のためのデータ収集と解析を行っていたフォルクスワーゲンのテスト車両が警察に呼び止められ、通知やリスク評価の不備を理由に罰金を科されている。データ取得の際の透明性の確保、処理者との契約の不備が […]

【報告】インドネシア:新たなデータ保護法案を提出

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する 個人からの要求や苦情に対応する 新規業務を開始する際、プライバシーへの取組みを反映させる データ侵害マネジメント・プログラムを定常的に更新する 外部情報を日常的にモニターする

2022年9月26日:インドネシアのデータ保護法がようやく前進した。データ保護法案が下院に提出され、審議が進む予定である。全般的にGDPRとよく似た法律となっており、処理記録の作成が要求されているほか、個人に対しては修正 […]

ページの先頭へ