「個人からの要求や苦情に対応する」の記事一覧

【報告】欧州:EU理事会がAI法案への立場を決定

lock
ガバナンス体制を整える 有用情報 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 個人からの要求や苦情に対応する 外部情報を日常的にモニターする

2023年1月13日:AI法についてEU理事会が検討結果を公表した。その趣旨はイノベーションを促進しつつ、EU市場において基本的人権を尊重し安全かつ適法なAIの開発と導入を促進することにある。AIシステムの定義をより限定 […]

【報告】e-Privacy: 公開されたディレクトリにデータを含めるには同意が必要

lock
有用情報 個人からの要求や苦情に対応する 外部情報を日常的にモニターする

2022年11月8日:ePrivacy指令が、公開された電話帳やその他の情報サービスに個人データを含めるためにはGDPRの意味における加入者の同意を必要としていることをCJEUが確認した。加入者が名簿から自分のデータを削 […]

【報告】ブラジル: ブラジルの監督機関であるANPDがクッキーについてのガイダンスを公表

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 個人からの要求や苦情に対応する 外部情報を日常的にモニターする

2022年10月31日:ブラジルの監督機関であるANPDがクッキーについてのガイダンスを公表した。クッキーについては理解が深まってきているため、一度最近出た監督機関のガイダンスに目を通し、要件を確認しておくことが望ましい […]

【報告】インドネシア:新たなデータ保護法案を提出

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する 個人からの要求や苦情に対応する 新規業務を開始する際、プライバシーへの取組みを反映させる データ侵害マネジメント・プログラムを定常的に更新する 外部情報を日常的にモニターする

2022年9月26日:インドネシアのデータ保護法がようやく前進した。データ保護法案が下院に提出され、審議が進む予定である。全般的にGDPRとよく似た法律となっており、処理記録の作成が要求されているほか、個人に対しては修正 […]

【処分事例】GDPR: 複数のDPAとEDPBが共同で調査

lock
ガバナンス体制を整える 有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 個人からの要求や苦情に対応する 新規業務を開始する際、プライバシーへの取組みを反映させる 外部情報を日常的にモニターする

2022年6月27日:欧州でのDPA間の協力が今後推進されることが見込まれる。リトアニアのオンライン衣料品小売業者に対する苦情を受け、フランスを含む4つの監督機関が共同でGDPR違反を調査し始めた。この小売業者は、透明性 […]

【処分事例】スペイン:権利行使対応違反に対して制裁金

lock
ガバナンス体制を整える 有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 個人からの要求や苦情に対応する 外部情報を日常的にモニターする

2022年5月20日:スペインのショッピングセンターである個人が請求した権利行使に対応できなかったとして17万ユーロの制裁金が課された。このケースでは、別の法律で相反する要件がある場合にどのような判断を行うべきか、個人と […]

【報告】中国:アルゴリズムレコメンデーションの規制

lock
有用情報 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する 個人からの要求や苦情に対応する 新規業務を開始する際、プライバシーへの取組みを反映させる 外部情報を日常的にモニターする

2022年3月2日:中国でアルゴリズムを用いたレコメンデーションに関する規則が2022年3月1日より施行された。これは「ビッグデータの裏切り」と呼ばれる、ビッグデータによる差別的扱いやギグワーカーに殺人的ノルマが課される […]

ページの先頭へ