「個人からの要求や苦情に対応する」の記事一覧

【報告】中国:アルゴリズムレコメンデーションの規制

lock
有用情報 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する 個人からの要求や苦情に対応する 新規業務を開始する際、プライバシーへの取組みを反映させる 外部情報を日常的にモニターする

2022年3月2日:中国でアルゴリズムを用いたレコメンデーションに関する規則が2022年3月1日より施行された。これは「ビッグデータの裏切り」と呼ばれる、ビッグデータによる差別的扱いやギグワーカーに殺人的ノルマが課される […]

【報告】スペイン:明確な同意を取得しなかったことで300万ユーロの罰金

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する サード・パーティー・リスクを日常的に管理する 個人からの要求や苦情に対応する 日常業務でのデータの取扱いとルール遵守を監視する 外部情報を日常的にモニターする

2021年11月22日:銀行は同意を取る際にプロファイリング目的(e.g. 信用格付けやマーケティング)で個人データを処理することやサード・パーティにデータを開示することを明示していなかった。また銀行が行う個人データ処理 […]

【報告】データ移転:EDPBが地理的適用範囲の影響範囲を明確化

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する サード・パーティー・リスクを日常的に管理する 個人からの要求や苦情に対応する 日常業務でのデータの取扱いとルール遵守を監視する 外部情報を日常的にモニターする

2021年11月22日:Schrems IIのケース以来越境移転の正当性について議論が続いているが、その流れの中で、そもそも「越境移転」という考え方はどのような場合に成り立つかということが整理された。興味深いのは個人がラ […]

【報告】データ主体の権利:オランダ裁判所が検索エンジンの正当な利益を認める

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 個人からの要求や苦情に対応する 日常業務でのデータの取扱いとルール遵守を監視する 外部情報を日常的にモニターする

2021年11月18日:ある個人がGoogleの検索結果10件を削除しないのは不当だとして裁判を起こした。しかし、控訴裁判所でも、下級裁判所と同様にGoogleの主張が認められている。削除権が認められるのは、管理者の正当 […]

【処分事例】ベルギー:DPAが処理の正当性欠如に対し €10,000 の罰金を科す

lock
ガバナンス体制を整える 有用情報 プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 個人からの要求や苦情に対応する 外部情報を日常的にモニターする

2019年9月24日:少し古い記事ですが、ベルギーの酒店がローヤルティ・プログラムへの参加時に国民IDカードのスキャンを義務付けていたことに対し、10,000ユーロの罰金が科されたという事例です。この店は、罰金が厳しすぎ […]

ページの先頭へ