「サード・パーティー・リスクを日常的に管理する」の記事一覧

【報告】Cookies: CNILがGoogleに対して1億5000万ユーロの罰金

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する サード・パーティー・リスクを日常的に管理する プライバシー・ノーティスを実情に合ったものとする 外部情報を日常的にモニターする

2022年1月7日:Googleの検索エンジンおよびメディア・プラットフォームのウェブサイトでは、クッキーを拒否するために、ユーザーは少なくとも5回のクリックをしなければならなかった。この問題は、CNILがGoogleに […]

【報告】スペイン:明確な同意を取得しなかったことで300万ユーロの罰金

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する サード・パーティー・リスクを日常的に管理する 個人からの要求や苦情に対応する 日常業務でのデータの取扱いとルール遵守を監視する 外部情報を日常的にモニターする

2021年11月22日:銀行は同意を取る際にプロファイリング目的(e.g. 信用格付けやマーケティング)で個人データを処理することやサード・パーティにデータを開示することを明示していなかった。また銀行が行う個人データ処理 […]

【処分事例】Cookies: ドイツの裁判所が同意のないトラッキングを禁止

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 サード・パーティー・リスクを日常的に管理する 日常業務でのデータの取扱いとルール遵守を監視する 外部情報を日常的にモニターする

2021年11月15日:Cookieバナーに関する注意すべき判決がドイツで出ようとしている。バナーを設置していても、ユーザーがアクションを行う前にcookieを設置している場合、このような行為は違法な行為とみなされる。ド […]

【報告】データ移転:EDPBが地理的適用範囲の影響範囲を明確化

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する サード・パーティー・リスクを日常的に管理する 個人からの要求や苦情に対応する 日常業務でのデータの取扱いとルール遵守を監視する 外部情報を日常的にモニターする

2021年11月22日:Schrems IIのケース以来越境移転の正当性について議論が続いているが、その流れの中で、そもそも「越境移転」という考え方はどのような場合に成り立つかということが整理された。興味深いのは個人がラ […]

【報告】サイバーセキュリティ:英国のNCSCによる新たな技術保証アプローチ

lock
有用情報 情報セキュリティ・リスクを日常的に管理する サード・パーティー・リスクを日常的に管理する 日常業務でのデータの取扱いとルール遵守を監視する 外部情報を日常的にモニターする

2021年10月28日:英国のNCSCは、新たな技術保障アプローチを構築しようとしている。このアプローチは7つの原則から構成される (ユーザーのニーズに応える設計(design for user need)、開発者の支援 […]

ページの先頭へ