2021年2月24日の報告です。顧客データベースの売買への支払い拒否を、GDPRへの不適合を理由に行おうとしたケースです。オランダの裁判所は、この主張に対して、「当該企業がGDPRに準拠したデータ転送方法を実施せず、販売者が顧客に対しデータを販売するための同意を得ることを怠っていたとしても、データ移転がGDPRに準拠していないという理由だけで、他社から購入した顧客データベースの残りの支払いを拒否することはできない」と退けました。「理屈と膏薬は…」を退けた事例です。


有料会員になって頂くと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

  • 【Background Facts】 ・・・発生した事象の概要
  • 【ビジネスとの関係】・・・本事例に関連してビジネス上留意すべき点
  • 【情報ソース】・・・本情報のソース

この記事は有料会員限定です。
ユーザー登録の方法 》