「AI」タグの記事一覧

【報告】米国:NISTがリスク管理フレームワークを公表

lock
ガバナンス体制を整える 有用情報 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する 新規業務を開始する際、プライバシーへの取組みを反映させる 外部情報を日常的にモニターする

2023年1月30日:米国NISTが民間および公共部門との協力の下、人工知能(AI)に関連する個人、組織、および社会に対するリスクをより適切に管理するためのフレームワークを開発した。これは自主的に使用し、AIにおけるガバ […]

【報告】欧州:EDPSが米国FTCが行った商業的監視へのルール整備に対する意見公募にコメント

lock
有用情報 新規業務を開始する際、プライバシーへの取組みを反映させる 外部情報を日常的にモニターする

2022年11月28日:欧州当局の一つであるEDPSが米国FTCが実施した「消費者に害を与える商業監視及びデータセキュリティ慣行に関する規則制定提案事前通知」への意見募集にコメントを寄せている。GDPRで規定されている概 […]

【報告】欧州:欧州委員会がAI責任指令を提案

lock
ガバナンス体制を整える 有用情報 日常業務でのデータの取扱いとルール遵守を監視する 外部情報を日常的にモニターする

2022年10月28日:欧州委員会は欧州全域に適用されるAI責任指令を提案した。AIは従来の製品と異なり、複雑性、自律性、ブラックボックス性を備えているため、従来のPL(製造者責任)とは異なる新たな規制枠組みが必要である […]

【報告】米国:ホワイトハウスがAI利用の原則を公表

lock
有用情報 新規業務を開始する際、プライバシーへの取組みを反映させる 外部情報を日常的にモニターする

2022年10月5日:ホワイトハウスがAI権利章典のためのブループリントを公表した。今後のAIシステムの方向性を示す重要な文書であり、民主主義の価値観に沿った自動化システムを構築・展開し、市民の権利、市民の自由、プライバ […]

【報告】英国: ICOによるAIに関するベストプラクティス

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 内部のデータ・プライバシー・ポリシーを保守 従業員トレーニングとプライバシーについての認知活動を実施 情報セキュリティ・リスクを日常的に管理する 新規業務を開始する際、プライバシーへの取組みを反映させる 外部情報を日常的にモニターする

2022年7月4日:AIについては概念や倫理についての議論が終わり、実装についての議論が始まっている。英国がAIの利用についてのガイダンスを出した。それによると、AIの利用は、個人の権利と自由に対する重大なリスクと、組織 […]

【報告】AI:EDPB、新たな責任規定でプライバシー・バイ・デザインを要求

lock
有用情報 情報セキュリティ・リスクを日常的に管理する 外部情報を日常的にモニターする

2022年3月18日:AIの実用化が進むのに合わせて欧州のPL法が改正される。PL法を規定するPL指令のパブコメに対してEDPBがデータ保護の視点からコメントを送った。AIシステム提供者の役割と責任の定義、透明性の要件、 […]

【報告】中国:アルゴリズムレコメンデーションの規制

lock
有用情報 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する 個人からの要求や苦情に対応する 新規業務を開始する際、プライバシーへの取組みを反映させる 外部情報を日常的にモニターする

2022年3月2日:中国でアルゴリズムを用いたレコメンデーションに関する規則が2022年3月1日より施行された。これは「ビッグデータの裏切り」と呼ばれる、ビッグデータによる差別的扱いやギグワーカーに殺人的ノルマが課される […]

【報告】米国:国防総省による倫理的AIのガイドライン

lock
有用情報 内部のデータ・プライバシー・ポリシーを保守 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する 新規業務を開始する際、プライバシーへの取組みを反映させる 日常業務でのデータの取扱いとルール遵守を監視する 外部情報を日常的にモニターする

2022年1月28日:このガイダンスではAIシステムのライフサイクルを3つのフェーズに分け、各段階で実施すべきタスクを詳細に説明している。計画段階ではタスクや成功指標、ベースラインの適切な評価を、開発段階では、データやモ […]

【報告】生体データ:EDPSが顔の表情認識技術についての重大なプライバシーリスクについて警告

lock
有用情報 内部のデータ・プライバシー・ポリシーを保守 新規業務を開始する際、プライバシーへの取組みを反映させる 外部情報を日常的にモニターする

2021年6月3日:顔の表情をベースとした表情認識技術についてEDPSがガイダンスをだした。顔の表情認識技術については、正確性の問題、個人の操作(マニピュレーション)につながる可能性といった懸念があることを認識し、慎重な […]

ページの先頭へ