「越境移転」タグの記事一覧

【報告】中国:データの越境移転についての規則草案をCACが公布

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 新規業務を開始する際、プライバシーへの取組みを反映させる 日常業務でのデータの取扱いとルール遵守を監視する 外部情報を日常的にモニターする

2021年11月1日:中国政府が実施する越境移転における安全評価のガイダンス(草案)が公布された。意見募集は2021年11月28日までとなっている。100万人に達する個人情報を取り扱う個人情報処理業者で、中国国外に向けて […]

【報告】十分性:ノルウェーのDPAが越境移転に関するガイダンスを更新

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 日常業務にデータ・プライバシーの考え方を統合する 外部情報を日常的にモニターする

2021年9月9日のニュースです。DPAは、Schrems IIの決定を踏まえてガイダンスを更新し、移転先の第三国の法律や慣行を十分に考慮した上で、特定された移転根拠の十分性を評価する方法を明確にした。評価の結果、保護が […]

【報告】十分性認定: EDPBがデータ移転に関する評価についての基準を明確化

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 情報セキュリティ・リスクを日常的に管理する 外部情報を日常的にモニターする

2021年6月21日の報告です。越境移転についてのルール整備がだいぶん具体化されてきました。TIA (Transfer Impact Assessment)は今後義務化されますが、暗号化の要件等、高度な知識が要求される点 […]

【報告】十分性認定:欧州委員会が第三国移転用のSCCsを採用

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 外部情報を日常的にモニターする

2021年6月4日の報告です。ようやくGDPR版のSCCsが採択されました。新しいSCCsではGDPRの要件に沿ったものとなり、第三国の法律や慣行、域外に所在するデータ輸出者に対する管轄当局の考え方が明確化されています。 […]

【報告】データ移転:EDPBが刑事共助協定についてコメントを発表

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 外部情報を日常的にモニターする

2021年4月20日の報告です。昨年7月のSchrems IIのケースは大きな影響を各所に与えています。こちらは、欧州加盟国が刑事共助協定を遵守する際に検討すべきことについてEDPBの見解を述べたものです。

【報告】アジアにおける越境移転の法的根拠の比較

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 外部情報を日常的にモニターする

2020年7月16日の報告です。アジアの法律は情報が少ないため対応に苦慮されている企業が多いようです。ABLIというアジアのビジネス法を調査する機関がアジアの個人データ移転の適法化根拠について横断的に調査しました。オース […]

【報告】データ移転: ニュージーランドの個人データ保護当局によるPrivacy Act 2020に準拠したベスト・プラクティス

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 外部情報を日常的にモニターする

2020年11月30日の報告です。ニュージーランドの2020年プライバシー法に関連して、データ移転についてのガイダンスが出されました。ニュージーランドは欧州から十分性認定を受けている国の一つであり、越境移転の条件は要確認 […]

【報告】十分性認定:EDPB によるQ&A

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 外部情報を日常的にモニターする

2020年7月27日の報告です。CJEUの決定に対するEDPBのQ&Aです。残念ながら、現場の人間からすれば途方に暮れるしかないという状況でしょう。個人データを利活用することには常にリスクが伴い、特に越境移転をす […]

ページの先頭へ