イギリスではメイ首相が信任されましたが Brexit に向けた Withdrawal Agreement (離脱協定)は承認されない可能性が高いと報道されています。これを受けてICO がno-deal 時の対応についてガイドラインを出しました。

以下の記事もご覧ください。

【時事】Brexit後のイギリスには GDPR がどのように適用されるのか

【時事】イギリスにおける Brexit 後の個人データ処理の推奨される方法

【時事】Brexit:欧州委員会 イギリスの十分性認定を2020年までに


有料会員になると、以下のコンテンツをご覧いただけます。

  • 【Background Facts】 ・・・背景
  • 【ビジネスとの関係】・・・イギリスの離脱協定の見込みと日本の十分性認定の先行き
  • 【情報ソース】・・・本情報のソース

この記事は会員限定です。ユーザー登録(無料)頂くと、続きをご覧頂くことが出来ます。
ユーザー登録の方法 》