2022年3月1日:パンデミックでリモートワークが広まり、それに伴い従業員監視ソフトの導入も進んだ。欧州委員会の研究チームは、職場における従業員監視の状況を調査し、過剰な監視を低減するために、opt-in方式での監視対象の選択や、監視対象の限定、異議申し立てを可能とすること等の対策を採るよう推奨している。


有料会員になって頂くと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

  • 【Background Facts】 ・・・発生した事象の概要
  • 【ビジネスとの関係】・・・本事例に関連してビジネス上留意すべき点
  • 【情報ソース】・・・本情報のソース

この記事は有料会員限定です。
ユーザー登録の方法 》