2021年11月1日:中国政府が実施する越境移転における安全評価のガイダンス(草案)が公布された。意見募集は2021年11月28日までとなっている。100万人に達する個人情報を取り扱う個人情報処理業者で、中国国外に向けて個人情報を提供する場合や外国への個人情報の累計提供数が10万人以上、またはセンシティブな個人情報の累計提供数が1万人以上となる場合には、国家による安全評価を実施する必要がある。評価では、データ移転の目的、範囲および方法の合法性、正当性および必要性
外国の受領者が所在する国・地域のデータ・セキュリティ保護政策・規制およびネットワーク・セキュリティ環境が、移転データのセキュリティに与える影響、および外国の受領者のデータ保護レベルが中華人民共和国の法律および行政法規、ならびに必須の国内基準の要件をを満たしているかを確認することとなっている。


有料会員になって頂くと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

  • 【Background Facts】 ・・・発生した事象の概要
  • 【ビジネスとの関係】・・・本事例に関連してビジネス上留意すべき点
  • 【情報ソース】・・・本情報のソース

この記事は有料会員限定です。
ユーザー登録の方法 》