CNIL が アドテック会社の Vectaury に対して出した決定から、いくつか興味深い事実が読み取れます。処分事例は以下の有料会員向け記事でご覧いただけます。

【処分事例】トラッキング:CNIL が同意の欠如に対して公式な通知を発行


ユーザー登録頂くと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

  • アドテック会社の管理者・処理者の区分方法には再考が必要となる可能性がある?!
  • アドテックで用いられる個人データの範囲が明確化された
  • 「同意」の取り方について、通説とは異なる決定がされている?!
  • CNIL の決定は今後どう影響するか?

この記事は会員限定です。ユーザー登録(無料)頂くと、続きをご覧頂くことが出来ます。
ユーザー登録の方法 》