「十分性認定」タグの記事一覧

【報告】十分性:米国と欧州が新たなデータ移転の枠組みを検討

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 外部情報を日常的にモニターする

2022年3月29日:2021年7月以来解決されていなかった欧州と米国との間の越境データ移転について、修復を試みる動きが行われている。米国は通信情報の諜報活動についての制限を厳格化するとともに、新たな救済メカニズムを提案 […]

【報告】韓国: 欧州委員会が十分性認定を決定

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 外部情報を日常的にモニターする

2021年12月20日:欧州委員会は韓国に対する十分性認定を決定した。欧州から韓国に移転された個人データに対しては、韓国個人情報保護法に加え、補完ルールが適用される。このルールには、個人情報の目的外使用および提供の制限、 […]

【報告】韓国:DPBは韓国との連携を評価しつつギャップを指摘

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 外部情報を日常的にモニターする

2021年9月28日:EDPBは、ECに十分性判断の草案を明確にするよう求める中で、韓国のフレームワークの不確実性と潜在的なギャップを指摘している。特に、(GDPRとのギャップを埋めるために使用される)韓国DPAの規制発 […]

【報告】十分性: 英国はドバイを最優先で評価

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 外部情報を日常的にモニターする

2021年9月1日の報告です。ドバイ国際金融センター(DIFC)は、英国のデジタル・文化・メディア・スポーツ省が、ドバイのデータ保護法の十分性評価を行うことを発表しました。十分性認定を受けることで、両国間のデータ・フロー […]

【報告】十分性認定: 欧州委員会が英国の十分性認定を採択

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 外部情報を日常的にモニターする

2021年6月28日の報告です。欧州委員会は英国に対する十分性認定を決定しました。英国の出入国管理目的で移転された個人データに対しては十分性認定は適用されません。決定は4年間有効で、2025年6月27日に失効します。ただ […]

【報告】十分性認定:EDPBがEU-UKの決定に懸念を表明

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 外部情報を日常的にモニターする

2021年4月19日の報告です。EDPBが英国の十分性認定に対してのオピニオンを出しました。英国は十分性認定に向けて捜査権限委員や司法委員を設置する等譲歩をすることで欧州委員会による十分性認定の提案を引き出しました。しか […]

【報告】Schrems II:欧州議会が欧州委員会に対して法的な明確化を要求

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 外部情報を日常的にモニターする

2021年3月23日の報告です。2020年7月に下されたSchrems IIの決定は非常に大きな影響を与えています。ほぼ半年間、専門家の間の議論はデータの越境移転に関するものに終始していました。欧州議会は欧州委員会に対し […]

【報告】十分性認定:欧州委員会は英国が十分な保護を提供していると判断

lock
有用情報 外部情報を日常的にモニターする

2021年2月19日の報告です。欧州委員会が英国のデータ保護フレームワークに対して十分な個人データ保護レベルを有しているとの判断を示しました。英国はもともとGDPRを国内法として制定し、GDPRをベースとした規則の整備を […]

【報告】十分性認定:CJEUの判決:SCCsは有効、プライバシー・シールドは無効

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守 日常業務でのデータの取扱いとルール遵守を監視する 外部情報を日常的にモニターする

2020年7月16日の報告です。Schrems IIのケースの決定です。時間がある人はぜひ決定の本文も読んでみてください。欧州の個人データ保護を学ぶ上で非常に参考になります。

【報告】日本:欧州をホワイト・リスト国に掲載

lock
有用情報 個人データ台帳の保守、データ移転メカニズムの保守

日本は欧州との間で「相互認定」というスキームを採用しています。欧州が日本を十分性認定したように、日本も欧州への自由なデータ移転を許容する「ホワイト・リスト」国に掲載します。データの自由な越境移転は今、主要な関心の一つとな […]

ページの先頭へ