2020年1月19日の報告です。データ保護法本体の解釈が整備され、ようやく子どもの個人データ処理についてのガイダンスが少しずつ各国で出されるようになってきました。アイルランドのDPCがこの度発行したガイダンスでは、個人データ処理活動が子どもの最善の利益を妨げたり、子どもの最善の利益と対立したり、子どもの最善の利益に悪影響を与えたりしないようにするための主要な推奨事項を具体的に述べています。 Privacy by Design as a Default Settingの考え方を軸に、子どもにとってより安全でプライバシーを尊重する環境を作成するようにしたいですね。データ・プライバシーに関わる人で、子どものプライバシーに関心のある人には必読のガイダンスです。


有料会員になって頂くと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

  • 【Background Facts】 ・・・発生した事象の概要
  • 【ビジネスとの関係】・・・本事例に関連してビジネス上留意すべき点
  • 【情報ソース】・・・本情報のソース

この記事は有料会員限定です。
ユーザー登録の方法 》